アドラー心理学とコーチング&ファシリテーション

アドラー流1on1マネジメントトレーニングプログラム

アドラー流1on1マネジメントトレーニングプログラム

~御社のマネジャーにこんな悩みはありませんか?~

  • パワーマネジメントから脱却できず、部下が辞めていく…
  • ハラスメントが怖くて言うべきことを言えない…
  • ヒトを扱う自信がないためマネジャーになりたがらない…

 

~解決へのアプローチ~

目的:1on1ミーティングに対応できるミドルマネジャーを育成します。(6ヶ月~1年)
内容:部下の行動を尊重しながら建設的な行動を促すアドラー心理学を活用した「コーチングスキル」を習得します。
効果:部下と上司の関係性が改善し、マネジメントに迷いがなくなります。結果、業績拡大にもつながります。

 

~1ヶ月のトレーニングの流れ~

【アドラー心理学集合セッション】⇒【個別コーチング】⇒【現場での実践】⇒【フィードバック】

1ヶ月でこのサイクルを回し、これを毎月繰り返すことでコーチング技術を徹底的に習得します。

 

~メリット~

1, 離職率が低下します。
社員の退職理由として、社内の人間関係が多く挙げられます。
アドラー心理学は対人関係に着目した心理学。
社員たちが他者との関わり方をマスターすることで、離職率の低下へと繋がります。

2, 社員のモチベーションが上がります
コーチングによって社員にとっての「生きがい」という思いと会社が目指す思い、この2つのマッチングを図ります。
御社で仕事をする意味合いを明確にし、社員の活力を醸成します。

3, 実行力と業績が上がります
コーチングを活用することによって、本人の意思に基づいた行動が生まれます。
そこに「やらされ感」はありません。
必然的に実行力が上がり、成果につながります。

 

~特徴~

ただの研修ではありません
弊社のプログラムは単なる座学研修ではありません。
実践的な技術を体得するためのプログラムです。

例えば、スポーツ選手たちにスキルを座学として教室で教えても、それだけでは決して上達しないでしょう。
やはり選手たちは実際にグラウンドやコートに立ち、そこで習ったスキルを実践してみる。
指導者にチェックしてもらい、フィードバックを受けて、また修正する。

弊社のプログラムもそれと全く同じです。
座学だけではコーチングスキルの習得は大変難しいです。
学んだことを現場で実践して、フィードバックを受けることで上達していきます。

 

~体験者の声~

・これまでの自分は人に命令することが多く、それは例え正論であっても相手にとっては単なる押し付けであることに気づきました。それ以来、まずは「話を聴く」ことを意識し実践した結果、相手の話の中に多くの「答え」や「ヒント」があることに気づきました。部下達の話を聴こうとすることで職場の雰囲気も良くなり、自然と会話も増えたことを実感しています。(43歳・工場長)
 
・部下と接する際に「感情」のコントロールができるようになり、イライラすることが無くなりました。指示を出す時も「相手がどう感じるか?」「どうしたら成果が出るか?」を考えられるようになり、私だけでなく部下もストレスが減ったのではないかと思います。部下の一見不可解な行動にも必ず「目的」があり、そこに目を向けることが大切だとわかりました。(48歳・店長)
 
・今までは施策について部下たちに抽象的な方針を伝えるだけで、具体的な行動にフォーカスできておらず、部下たちに迷いを生じさせていました。今回のプログラムは、そんな自身の問題点を適格に改善してくれる内容で、店長としてだけでなく「人」としての殻を破り、進歩するために必要なものだと感じました。(31歳・主任)

 

~お問い合わせ~

ご相談など受け付けております。
「お問い合わせ」フォームより気軽にご連絡ください。