アドラー心理学とコーチング&ファシリテーション

会議ファシリテーション:アドラー心理学から考える羽生結弦選手のメンタリティ

会議ファシリテーション:アドラー心理学から考える羽生結弦選手のメンタリティ

平昌オリンピックのフィギアスケート男子は、羽生結弦選手が圧巻の演技で金メダルを獲得。
直前の大ケガを乗り越えての金メダルは、日本中を感動の渦に巻きこみました。
 
今回、わたしが個人的に注目したのは、羽生選手のメンタリティでした。
ご存じのように彼は2017年11月に右足首のケガをし、2か月間リンクに立てないという状態に追い込まれました。
そんなブランクを抱えての挑戦だったのですが、どのような気持ちで本番に臨んだのでしょうか。
 
私が特に注目したのは会見での発言です。
私の知る限り、羽生選手からネガティブな発言はまったく聞こえてきませんでした。
 

「クリーンに滑られれば絶対に勝てるという自信がある」

(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180213/k10011326711000.html)
 

「どの選手よりも勝ちたい気持ちが強くあると思いますし、ピークに持っていける伸びしろがたくさんある。」

(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2680150011022018UU1000/)
 
このように発言がとてもポジティブでした。
ここで重要なのはコメントにネガティブなワードが一切出ていない点です。
 
人は困難な状況になると、ついネガティブな部分に目を向けてしまいます。
「ミスをしてしまうのではないか…。」
「ケガの影響が出てしまうかもしれない…。」
「不安はあるけど頑張るしかない…。でもやはり不安だ…。」
こんな考えが頭に浮かび、言葉として出てきてもおかしくはありません。
 
しかし、アドラー心理学ではこんな状況でもポジティブな部分に注目することを求めます。言い換えれば、ネガティブな部分に注目を与えません。
 
なぜでしょうか?
それは、人は何かに注目すると、その注目したものが本人の中で増えていく性質があるからです。
肯定的に注目しようと、否定的に注目しようと関係はありません。
 
例えばミスが不安な時、それを否定的に「ミスをしない!」と思い込んでも、意識は「ミス」に行っているので、頭の中は「ミス」で満たされます。
そして「ミス」を具体的にイメージできる状態へと繋がります。
 
すると脳はそのイメージを信号として身体へ送るため、「ミス」は現実のものとなります。
 
これと同じようなことをサッカーの本田圭佑選手も言っています。

「『ミスをするな』と言えば高確率でミスをするように人の脳はできてる。ミスを意識させるのではなくて、どうやったら上手くできるかを意識させることができれば、自ずとミスは減る。 それを理解してる指導者が世界にはどれだけ少ないことか」

(http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=32050)
 
私も学生時代、アメリカンフットボールをやっていました。
当時メンタルトレーニングを受けたのですが、意識の持ち方次第でプレーの質が大きく変わることを、身をもって体験しました。
 
「ノーミスを目指す」よりは「ベストを尽くす」
「不安はありません」よりは「自信があります」
「負けないように」ではなく「勝つために」
 
同じポジティブな意味合いの心持ちも、注目の与え方で結果が変わっていきます。
 
この意識の持ち方、ビジネスの世界でも使えるのではないでしょうか。
強いメンタリティとは生まれつき持っていなくても、自ら作り上げることが可能です。
実際、羽生選手も「自分はそんなにメンタルが強いわけではない」と記者に語っていたそうです。
 
たゆまぬ努力で身につけた圧巻の技術と逆境を乗り越える強いメンタル。
困難を克服し栄冠に輝いた羽生選手に最大の敬意を払いたいと思います。