アドラー心理学と会議ファシリテーション

苦手なあの人との付き合い方③

苦手なあの人との付き合い方③

感覚タイプ(モチベーター)について説明します。

「苦手なあの人との付き合い方」、ソーシャルスタイルの説明も3回目となりました。今回からはいよいよ4つのタイプのそれぞれについて説明していきたいと思います。

 

これまでのおさらい

その前に、軽く過去2回分の要点をおさらいしたいと思います。

まず初回分のおさらいです。

・ソーシャルスタイルとは、社会行動科学の見地から人を4つのタイプにわける。

・自分、そして他者がどんなタイプかを把握することで、そのタイプに合わせた適切な対応が可能となり人間関係の向上につながる。

・しかし全人類を4つにタイプ分けできるかというと例外も多々あるので、タイプ分けへの過信は禁物。

・4つのタイプの分け方は、2つの軸を直角に交差させることでできるマトリックス4象限によってあらわすことができる。

・交差させる軸とは「感情表現度」と「思考表現度」の2つから成る。

⇒詳細は「苦手なあの人との付き合い方」へ

 

そして、前回のおさらいです。

・感情表現度とは感情が表に出るか、出ないかの尺度。感情が表に出やすい人は感情表現度が高く、逆に感情が表に出にくい人は感情表現度が低いとされる。

・思考表現度とは自分の考えていることを主張するか、主張しないかの尺度。主張的な人は思考表現度が高い、非主張的な人は思考表現度が低いと表す。

・これら感情表現度の「高い・低い」、思考表現度の「高い・低い」を組み合わせて4つのタイプを作っていく。

・各軸の「高い・低い」は良し悪しではなく、個性であると心得る。

詳細は「苦手なあの人との付き合い方②」へ

感覚タイプ(モチベーター)とは?

今回説明するのは「感覚タイプ」または「モチベーター」とも言われるタイプについてです。こちらは、感情表現度は「高い」、思考表現も「高い」タイプとなります。

 

 

このタイプの特徴はとにかく注目されること、承認されることが大好きで、他者から褒められると一層頑張りを見せます。モチベーターと言われるだけあり、社交的で盛り上げ上手。職場にも活気をもたらします。アイデアも豊富で、順応性も高い。話好きでよくしゃべるのですが、その一方であまり人の話は聞きません。また、飽きっぽい一面もあります。論理的というよりは直観性や感覚的な特性が強いので、話をしていても「~的な」や「~な感じ」「~なイメージ」といった抽象的な言葉を多く使う傾向があります。ですから物事を理解する際も細かいことより、ざっくりとした大まかところから理解していきます。

感覚タイプ(モチベーター)の弱点

人は困難に直面したり、問題を抱えたりするなどストレスにさらされると、その人特有の反応を見せます。では感覚タイプ(モチベーター)はどんな反応を見せるのでしょうか?

それは一言で言うと、非常に「攻撃的」になります。もともと感情表現も高く、思考表現も高いわけですから、ストレスにさらされると感情的になり、さらに強くものを言うようになります。自分が褒められるのは好きな反面、批判されることは殊更嫌うタイプなので、自分に降りかかる厄介事については、ついつい他人を責めてたててしまいます。また言葉だけでなく行動にも感情が出ます。機嫌が悪いときなどはロッカーの扉や机の引き出しをワザと大きな音をたてて閉めてみたり、持ってるものを雑に放り投げてみたり、周りから見てもとてもわかりやすい態度をとります。

私の経験上ですが、様々な企業を訪問してこのタイプの話をすると、たいていの企業で「典型的に~さんのことだ!」「あの人以外、思い浮かばない!」などの言葉があがります。他のタイプを説明してもそのような言葉はあまり出てこないのですが、不思議なことに感覚タイプ(モチベーター)だけは、そうした声が上がります。きっとこのタイプは喜怒哀楽が激しいので他人から見てもわかりやすいのでしょう。

感覚タイプ(モチベーター)へのアプローチ法

では感覚タイプ(モチベーター)へはどんな対応を取るべきかを見ていきましょう。

このタイプは細かいことより、大まかなことから理解していくタイプです。ですからこのタイプの人に何か説明をするときは詳細に理詰めで話すのではなく、要領よく概要を話すことを心がけた方が良さそうです。そして社交的でフレンドリーですから、堅苦しい態度を好みません。気さくに接しましょう。また、本人を否定しするようなアプローチはご法度です。常に主役でいたいタイプですから、本人を否定することなく承認しつつ、「他にこんな案もあります」という形で自分の意見を提案した方が賢明です。更に他者から何かを一方的に押し付けられるのも嫌いですから、本人の意見を尊重しつつお願いする方が良いでしょう。そして自分より目立つ人間を面白く思わないのもこのタイプの特徴。本人に花を持たせることも意識した方が良いでしょう。

 

 

いかがだったでしょうか?以上が感覚タイプ(モチベーター)についての説明になります。実は筆者の私もこのタイプ。このタイプの特徴をもうひとつ挙げると「場をしきるのが好き」という点もあります。私にとってファシリテーターという仕事は天職(?)なのかもしれません。(笑)

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。次回は協調タイプ(サポーター)について説明したいと思います。

苦手なあの人との付き合い方④はこちら!

 

渡邉幸生